確定拠出年金(iDeCo) コロナ禍の株高で損益率が80.6%まで上昇

資産運用

日米の株高を受けて確定拠出年金(iDeCo)の損益率が80.6%まで上昇しました。2019年には31.1%までダウンしましたが、その後は順調に回復してここまで来ました。アメリカが3万ドル、日本が3万円だと節目を越えたことで、一時的に調整が入ってもおかしくはないですが金余りは続いているのでもう少し上がりそうな気もしています。

 

確定拠出年金は2022年から65歳まで拠出できるようになります。となると、私もあと9年は拠出できます。9年後がどうなっているか分かりませんが、コロナが終息した後は景気が回復してさらに株価が上昇するのではないかと思っています。