間違いだらけのクラブ選び フックが強いから元調子が合っているとは限らない

Golf

野村克也氏が亡くなりました。現役時代は通算2901安打、ホームラン657本、1988打点録は、プロ野球史上歴代2位の記録。指導者としてもヤクルト、阪神、楽天などで監督を務め、栗山監督や古田敦也など名選手や指導者を育て上げた。その、野村克也氏の名言として有名なのが「固定観念は悪。先入観は罪」という言葉。その言葉の意味として「知識は多いほどいい。知らないより知っていた方がずっといい。けれども、固定観念と先入観は百害あって一利なしである。」と言っている。

 

フックが強いから元調子が合っているとは限らない

フックが強い人は元調子を好んで使っているが、本当にあっているのだろうか?あっている人は確かに多いけど、合っていない人もいるのが事実。何千人もフィッティングをしていると、ドロー系の人は元調子のシャフトしか試打をしないが、それでもきつめのフックが出る人は中調子や先調子も試すべきである。本来はフックを治すにはスウィングを変えた方が早いけど、シャフトで何とかしたいと思っている人が多い。

 

同じような動きをするシャフトよりも、違う動きをするシャフトを使ってみた方がスウィングが変わる可能性があるのも事実なんですね。悩んだ時は、いろいろ何度でも試してみる方がいいと思います。