天皇杯は浦和レッズが2年連続優勝

 どれだけ攻め込まれても点を取られるように思えなかった。何故か安心してみていられて、最後はPKでも勝てるかな~なんて思ったりして見ていたが、後半41分に岡野-永井の快速コンビでガンバ大阪のDF陣の一瞬の隙をついてゴールしてくれた。中盤でボールを持ってもガンバ大阪に押さえ込まれたし、ほとんど自陣で守りに専念するだけだった。主力を欠いて、小野伸二が途中で脚を痛めたりと苦しい展開だったが、GK都築が良く守った。なんどもファインセーブを決めてくれて決勝戦のMVPは間違いなく都築だな。
 Jリーグが始まって以来、天皇杯を連覇したチームはなく今回の浦和レッズは初めての連覇。J1リーグ優勝、天皇杯優勝と2冠を制したがリーグ戦と天皇杯ではメンバーが違った。それでも優勝するのだから選手層の厚さと実力とサポーターの応援があるからだろう。浦和レッズの黄金時代の始まりを感じる天皇杯でした。
 第86回 天皇杯全日本サッカー選手権大会

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする