保存版 年代別のテーラーメイド、キャロウェイ、ピン、タイトリストのヘッド重量一覧

Golf

これまで、計測したテーラーメイド、キャロウェイ、ピン、タイトリストのヘッド重量(スリーブは含まず)を一覧にまとめてみました。

 

テーラーメイドのヘッド重量一覧

Mシリーズは奇数が重く、偶数が軽く。SIMシリーズはMAXが軽いヘッドです。最新モデルのSIM2とSIM2MAX、SIM2MAX-Dではシャフトとグリップが違うので全体重量とバランスも違っています。

 

キャロウェイのヘッド重量一覧

キャロウェイはROUGEーMAVRIKとEPIC FLASHーEPICの2つの流れがあります。どちらもSUBUZEROはヘッドが重めになっています。キャロウェイには限定のダブルダイヤモンドなど、プロ支給モデルも発売していますが、こちらの重量は不明です。最新モデルのEPICシリーズはヘッドモデルごとにシャフトを用意しています。紛らわしいことにEPIC SPEEDとEPIC MAXのシャフトSPEEDERは同じコスメなので、間違う人もいるようです。

 

ピンのヘッド重量一覧

ピンのヘッド重量は他社に比べて重めです。これは、以前から言われていることなので知っている人も多いかと。ピンの純正シャフトALTA JCB SLATEはカウンターバランスのシャフトなので、ヘッド重量を重めにしています。また、グリップはどのモデルも統一で現在はARCCOSセンサーの付いたゴルフプライドで、47gのAQUAが標準装備になっています。

 

タイトリストのヘッド重量一覧

タイトリストは91シリーズ最後の917はヘッドがこれまでで一番重かったです。ですから、917で飛んでいた人はTSシリーズではあまり飛ばない人もいました。また、917でスライスしていた人はTSでつかまるようになりました。最新モデルのTSiシリーズでは1~4まであり、4はカスタム専用でセレクトストア限定です。1はVG3の後継モデルなので、シャフトとグリップが軽量で、長さは2や3に比べて0.25インチ長いです。