2004年5月26日

語る総帥

先週号から週間ギャロップで『ザ・ホースメン大放談』として吉田照哉、吉田勝己、下河辺俊之、岡田繁幸、白井透の5人による対談が収録されている。今週号ではマイネル・コスモ軍団の総帥岡田繁幸氏がダービーに寄せる熱き思いを大いに語っている。皐月賞では「ダイワメジャーが怖い」と指名してその通りにやられた事は新聞等でも書かれているので知っている人も多いと思う。そして、今回は火曜日のサンケイスポーツに「ダイワメジャーはいつでもかわせると思っている」と言ったあとに「バルクが負ければ、あの馬が超一流と言うことなんでしょう」と語っている。

ときどき、G1レースのパドック解説(グリーンチャンネル)に岡田繁幸氏が出ているけど、その解説には説得力がある。レギュラーの解説陣だとときどき知ったかぶりする人がいるからね。僕なんかパドック見ても気合いが入っているんだか、入れ込んでいるんだか分からないし。「コズんでいますね」と言われても「どこが?」って感じだからね。岡田繁幸氏がそう言うなら「あの馬」とバルクは外せないな。
そう言えば、この対談に出ている人は岡田氏を除いて3歳のG1を順番に取っているね。吉田照哉氏(社台レースホース 皐月賞 ダイワメジャー)、吉田勝己氏(ノーザンファーム NHKマイルC キングカメハメハ)、下河辺俊之氏(下河辺牧場 オークス ダイワエルシエーロ)。となると順番的に今度は岡田繁幸氏の番かも。でも、マイネル・コスモ軍団からだとバルク以外にもサンビーム、マクロス、デュプレ、ブルックといるからな。

at 17:53 | 競馬 | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。