庭木の剪定の準備 剪定ハサミ、庭木用のこぎり、滑り止め付き手袋

ガーデニング
スポンサーリンク

新型コロナウイルスの影響で自宅待機になって7日目。今日は時間を持て余してしまったのでそろそろ庭木の剪定でもしようかと思い、剪定時期や剪定方法などを検索していました。その中で、Youtubeにとてもいい動画ありました。

参考になる動画

こちらの動画は横浜にある木下庭園管理という造園会社の社長・木下透氏がYoutubeにアップしてくれたものです。剪定方法が分かりやすく説明してくれているのがいいです。

木下氏は剪定の基本は「どう切るか」ではなく「どう残すか」ということ。また、自然樹形になるように剪定していくことです。枝分かれは鈍角では不自然になるので鋭角にすることのようです。また、剪定箇所についての説明も納得いくものでした。

最終的には、剪定したあとにその木がどうい形で成長していくかをイメージして剪定するので、素人には難しいと感じました。でも、自分の庭木なので自分なりの形を試行錯誤してやってみたいと思いました。

道具に拘る

動画で木下氏が使っている剪定バサミはスパスパよく切れます。私がもっているハサミでは太い枝は切れないので、どんな剪定ハサミなのか調べてみました。

Googleに「剪定ハサミ」で検索して、出てきた画像とYoutubeの剪定ハサミを見比べて、たぶん『アルス 剪定鋏 VS-8Z 』かなと思いました。『道具は値段』なので同じようなもので安価なハサミもあるけど、価格的にバカ高いわけでもないのでこれにしました。

また、他に鋸と手袋が必要と感じました。出来れば脚立もあった方がいいと思うのですが、ちょっとやりすぎかなって思って、今日はホームセンターに行って剪定ハサミ、庭木用のこぎり、滑り止め付き手袋を買ってきました。庭木用のこぎりは剪定ばさみと同じアルスのもありましたが、握った感じがいいのでザクトにしました。

アルス 剪定鋏 ブイエスエイト VS-8Z 生木切断能力約15mm
従来の剪定鋏Vシリーズをより使いやすく、作業性を重視した設計に見直し、切れ味性能が進化 【用途】 太い枝の枝きりや枝の剪定作業 【特徴】 ・グリップを変更して刃が大きく開き、前に手がすべりにくい形状 ・アルミダイカストグリップを採用して軽くて、よりしっかり手にフィットし、疲れにくく、握力を確実に切断力に伝えることが出来
三陽金属 ザクト 剪定鋸 植木専用 270mm UP-2700
植木専用の剪定鋸 ザクト UP2700 縦挽目で切れ味よく中スキ研磨できれいな切り口 刃先のコントロールがしやすい新形状ソフトグリップ グリップ:刃先の方向を、指2本で挟んで決めやすい突起がついた新形状 鋸目:縦挽目の採用により、縦・横・斜め切りが楽にできる 衝撃焼入:ハードインパルスにより超硬度な刃先 仕上げ:ハード
ショーワグローブ 【軽作業用手袋】No.306 HOLD(ホールド) ブルー Mサイズ 1双
【フィット感の高い13G原手】【柔らかい発泡ゴム】【スベリ止め加工】の3層構造 ● 発泡天然ゴムを手首までコーティングした、柔軟性とフィット感に優れたフルコート手袋です。 ●独自製法による特殊加工のスベリ止め層(グリップソフトと同様)によって、強力なスベリ止め効果を実現しています。 ●湿気を外に逃がす発泡ゴム層により、

今日は道具をそろえるまでで、後日剪定したいと思います。まずは、剪定をする前に剪定後の形をイメージしたいと思っています。最初から上手くいくわけはないので、「迷ったら切らない」を肝に銘じて切りすぎないようにします。