2015年8月11日

Windows10へのアップグレード

 Windows7からWindows10へのアップグレードをしました。準備の段階で互換性がないのは日本語入力のATOK10だけだったので、これをアンインストール。使い慣れたATOKをさよならするのはちょっと残念だが、最近のMS IMEもGoogle IMEも使いやすいからわざわざ有料のIMEを使わなくてもいいかなってね。

 Windows10へのアップグレード自体は特にすることもなく、勝手にパソコンがやってくれるので待つだけ。待ち時間も約25分と短くてあっけない感じに。

 使い勝手はこれから感じることだが、いつも使っているソフトを動かす分にはなんら問題はない。僕の場合は競馬ソフト「TARGET frontier JV」が動いてくれればいいので、このソフトも問題なくサクサク動いてくれた。

 直感的にはより使いやすくなっているような気がする。コントロールパネルがガラリと変わったのでこれは慣れる必要があるね。

 ブラウザはGoogle Chrome、日本語入力はGoogle IMEを使用しているますが今のところ問題ない。Google IMEは再インストールをすると使えるという情報は本当でした。


at 19:26 | LifeHack | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。