三国志1~8巻 吉川英治

スポンサーリンク

 彼女がレッドクリフを見るために友達から三国志を借りてきたのを横取りして読みましたよ。吉川英治版三国志はだいぶ前に読んだことがあったので懐かしい感じがしましたね。
 それにしても全8巻は長い。魏・呉・蜀の三国になるまでに時間が掛かり、三国それぞれに大勢の人物が登場するから話が次から次へと飛んで飛んで飛んで。劉備が張飛と出会い、そして関羽と知り合う。ここから話が始まるわけだが、この3人が死んでからも話は続く。長い物語なので途中で飽きてしまいそうになりましたよ。
 本を借りてきたのは彼女ですが、1巻の途中で止まったまま1ヶ月が過ぎようとしているのでここまま返却になりそうです。
三国志〈1〉 (吉川英治歴史時代文庫)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする