『警官の血』 佐々木譲

 テレビドラマとして放送された作品ですね。評判がよかったので読んでみました。先に映像を見てしまっているので主人公がダブってしまい、ちょっと感情移入しづらかった。でも、それぞれの時代に沿った感じの描き方はよかった。ドラマでは小説では書かれていない部分を映像化しているが、やっぱり小説の方が想像力が膨らんでいいですね。
 祖父清二の実直さがのちに息子民雄を苦しめるわけだが、安城家の影には常に早瀬勇三がいた。早瀬がいなければこの小説は成り立たない。表と裏と言ったらいいのかな。前面に流れる物語の裏には常に切り離すことのできないもう一つの物語が存在しているように思えた。


 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする