『武士猿』 今野 敏

 主人公は琉球王族の三男坊・本部朝基。この琉球王族の本部朝基と言う人は実在の人物らしい。それを今野敏が脚色して小説にまとめてある。今野敏も空手塾を持つ格闘家。それだけに、描写が細かく真剣勝負の場面などは緊張感があっていい。なかなか面白い本でした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする