BOOK一覧

NO IMAGE

『果断―隠蔽捜査2』 今野敏

 混乱する現場で対立する捜査一課特殊班とSAT。現場で指揮する竜崎の決断は。警察庁から大森警察署署長に左遷されたキャリアの竜崎伸也。襲いくる...

記事を読む

NO IMAGE

『火の粉』 雫井脩介

 元裁判官・梶間勲の隣家に、かつて無罪判決を下した男・武内が引っ越してきた。溢れんばかりの善意で、梶間家の人々の心を掴む武内に隠された本性と...

記事を読む

NO IMAGE

『隠蔽捜査』 今野敏

 竜崎伸也は、警察官僚である。現在は警察庁長官官房でマスコミ対策を担っている。その朴念仁ぶりに、周囲は"変人"という称号を与えた。だが彼はこ...

記事を読む

NO IMAGE

『恋』 小池真理子

 1972年冬。全国を震撼させた浅間山荘事件の蔭で、一人の女が引き起こした発砲事件。当時学生だった布美子は、大学助教授・片瀬と妻の雛子との奔...

記事を読む

NO IMAGE

『無伴奏』 小池真理子

 僕はあまり女流作家の作品は読まないのですが、これはTOKYO FMで日曜の朝10時から放送している「Panasonic Melodious...

記事を読む

NO IMAGE

『魔女の盟約』 大沢在昌

 この間、読んだ『魔女の笑窪』の続きですね。前作の最後で主人公の水原は地獄島のシンボルだった九凱神社を破壊して釜山に逃げた。今回は釜山から始...

記事を読む

NO IMAGE

『オーデュボンの祈り』 伊坂幸太郎

 既存のミステリーの枠にとらわれない大胆な発想で、読者を魅了する伊坂幸太郎のデビュー作。  コンビニ強盗に失敗した伊藤は、警察に追われる途中...

記事を読む

NO IMAGE

『魔女の笑窪』 大沢在昌

 主人公が女性なのでどんな話かと興味を持って読んでみた。この本は短編の連作で前半は闇社会のコンサルタントとして活躍する。後半は彼女の生い立ち...

記事を読む

NO IMAGE

『ワルツ』 花村萬月

 昭和20年。荒廃した新宿でわずかばかりの金と十箱の煙草で、組事務所の襲撃を請け負った特攻くずれの城山龍治。美貌と性技で女を篭絡し、明晰な頭...

記事を読む

NO IMAGE

『少年曲馬団』 花村萬月

 主人公は少年・惟朔。惟朔と言えばこれまで読んだ百万遍シリーズに登場しているから、その幼少時代を描いた作品。花村萬月の自叙伝的な小説で、ちょ...

記事を読む

NO IMAGE

三国志1~8巻 吉川英治

 彼女がレッドクリフを見るために友達から三国志を借りてきたのを横取りして読みましたよ。吉川英治版三国志はだいぶ前に読んだことがあったので懐か...

記事を読む

NO IMAGE

『夏雲あがれ』 宮本昌孝

 『藩校早春賦』の続編ですね。江戸で行われる武術大会の藩の代表として太郎左と殿様の参勤交代に随行する仙之助は初めて江戸に上がる。新吾だけが藩...

記事を読む

NO IMAGE

『藩校早春賦』 宮本昌孝

 時は江戸後期。東海の小藩が設立した藩校を舞台に、厳しい階級社会の中で、権力闘争や陰謀に巻き込まれながらも、友情を育む3人の少年武士たちの成...

記事を読む

NO IMAGE

『12番目のカード』 ジェフリー ディーヴァー

 リンカーン・ライムシリーズの第6弾です。このシリーズは四肢麻痺のリンカーン・ライムが難事件をあらゆる角度から分析して解決する。その解決方法...

記事を読む

NO IMAGE

『天使の牙』 大沢在昌

 『天使の牙』と『天使の爪』は主人公が同じで先に『天使の爪』を読んでしまったので、ある程度の話はみえてしまった。主人公の河野明日香は犯罪組織...

記事を読む

NO IMAGE

『羊の目』 伊集院静

 昭和8年、牡丹の彫り物をもつ夜鷹の女が、のちに日本のヤクザ社会を震撼させることになるひとりの男児を産み落とした。  浅草の侠客・浜嶋辰三...

記事を読む

NO IMAGE

探偵小説「後ろ傷」と「サニーサイドエッグ」

 「後ろ傷」は東直己氏、「サニーサイドエッグ」は荻原浩氏の作品。この作品の共通点は探偵が主役でおやじギャグ満載。しかも、どちらも続編なので最...

記事を読む