『黄金旅程』馳星周

BOOK

ステイゴールドに魅せられた作家・馳星周が、ステイゴールドをモデルにした小説です。ステイゴールドは社台ファーム生産馬ですが、小説の中ではステイゴールドと同じ意味を持つエゴンウレアは日高の小さな牧場が生産した競走馬です。その、エゴンウレアを取り巻く人々の物語に、馳星周らしいノワール感を取り入れてます。また、道営の抱える問題も描かれていました。

話のテンポがいいので、一気読みしてしまいました。競馬に興味がある人は特に面白いと思います。ただ、ステイゴールドをリアルタイムで見てきた僕としては突っ込みどころが満載でしたね。

 

 

 

黄金旅程
直木賞受賞第一作。 装蹄師の平野敬は北海道の浦河で養老牧場を営んでいる。牧場は幼馴染の和泉亮介の両親が所有していたものだったが、騎手だった亮介が覚せい剤所持で刑務所に入ったこともあり譲り受けた。敬が注目するのは栗木牧場生産の尾花栗毛馬・エゴンウレア。以前装蹄したことがあり、その筋肉に触れた瞬間、超一流の資質を秘めた馬だ