2007年8月30日

【フジサンケイクラシック】アマチュア組がまずまずの初日

 伸び盛りの学生アマチュアが5人が挑んだフジサンケイクラシックは小雨の降る中で行われた。しかも、ピンポジションが初日から厳しくてトップのスコアが4アンダーとちょっと伸びなかった。そんな中、アマチュアでもっとも注目される石川遼が首位から3打差の1アンダーでスタートした。

 とにかくドライバーはフルスウィングなのでみていて気持がいい。曲がっても飛ばし屋の宮里優作と変わらないのだから恐るべき15歳。アプローチも上手いし、見せるゴルフをしてくれるよ。バーディーを取った時は「ニコッ」とするも学生らしくて良い。明日、イーブンで回れれば予選を通過出来るでしょう。出来れば良い天気の中でプレーが出来ると良いですね。

 5人のアマチュアでは石川遼が一番スコアが良かった。2番目は伊藤勇気の1オーバー。彼の方が石川遼よりもゴルフは上手い。細かいスコアは分からないがパーオン率は良いんじゃないかな。難しいグリーンに手こずっていたけど、明日は巻き返してくるかも。3番目は石川遼の高校の先輩・薗田峻輔。アプローチは上手かったけど、こちらこグリーンに手こずった。スタートのインは我慢のゴルフだったが、アウトでは5オーバーまで行ったけど4、6、8番でバーディーをとって2オーバー。上がりで3アンダーは明日に繋がる。永野竜太郎と小林伸太郎は緊張しまくりで自分のゴルフが出来なかったかな。7オーバーで予選通過は難しいかもしれないけど、アマチュアらしい攻めのゴルフを見せてほしい。

 スコアの速報はサンスポよりもJAPAN GOLF TOUR Official Homepageの方が早いです。

at 22:23 | Golf | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。