映画『重力ピエロ』

 原作は読んだはずなのに内容はすっかり失念。よってまっさらな状態とほぼ同じで見る事が出来た。家族愛を描いた映画かと思いきや母親がレイプされて複雑さが増してきた。冒頭のシーンや回顧のシーンで「何故?」が出てくるが物語が進むにつれて話の全貌が見えてくる。悲しくて苦しいけど、家族の強い結びつきにじんわりしてきた。愛情や犯罪に対しての描き方はそれぞれあると思うが、これが伊坂ワールドなのかもしれない。『ハルが飛んだ』ではじまるシーンは良かったなぁ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする