2008年11月24日

【大相撲九州場所】 優勝決定戦は白鵬が意地の勝利

 白鵬と安馬の優勝決定戦は白鵬が意地を見せた。決してきれいな相撲とは言えないが絶対に負けないという意地が力任せの相撲となったようです。安馬が強くなったのは間違いないが、白鵬も同じ相手に2度負けるわけにはいかないからね。千秋楽の琴光喜も絶対勝つんだという感じの上手投げ。ひとり横綱の意地を見たような気がした。

 安馬の大関昇進はほぼ決まったでしょう。今の大関は琴欧洲にしても琴光喜にしても精神的に弱いところがあるからね。それに比べて安馬は身体が小さいだけに大きな者には負けたくないという気迫が相撲に出ている。今年に入って身体も大きくなってきているし、力も付けている。優勝する日も近いと思う。

 goo 大相撲


at 11:41 | 大相撲 | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。