Q:ユーティリティを探しているのですが、なにかおススメはありますか?

Q:ユーティリティを探しているのですが、なにかおススメはありますか?

こう聞いてくる人はユーティリティを使ったことがないか、苦手な人の場合が多いです。既に使ってる人は、同じブランドか買い換えたいメーカーが決まっている場合が多いです。『おすすめ』と聞かれればお店が今売りたいユーティリティを勧めます。これは、ゴルフクラブに限ったことではなく、どの小売業でも『今売りたい商品』『おすすめ』があります。ですから、事前に使ってみたいと思うメーカーやブランドを、優先順位を付けていくつか選んでおいた方がいいです。

ユーティリティを使った事が無い人の場合

先ずは、ドライバーやフェアウェイウッドと同じメーカーにするか、アイアンと同じメーカーにするか決めた方がいいです。

ヘッドスピードがあると思っている人はアイアンと同じメーカーに、ヘッドスピードが遅いと思っている人や非力な人はドライバーやフェアウェイウッドと同じメーカーがいいです。

何故かというと、ヘッドスピードがある人はある程度パワーもあるので重いシャフトを選択した方がいいです。となるればスチールか重めのカーボンになります。

フェアウェイウッドとロングアイアンの間の重量にしようとすると『振り感』が悪くなる場合が多いです。やや重めにした方がクラブが上から降りやすくなるので、ボールにヒットしやすいです。軽いと手元が浮きやすいのとすくい打ちになりやすいです。すくい打ちになるとクラブの軌道が横振りになりやすくボールに上手く当たらない事があります。ですから、やや重めのクラブでアイアンと同じように打ち込む感じで打つとうまく打てるようになります。

ユーティリティが苦手な人の場合

使いたいメーカーやブランドを決めてください。そして試打してください。それで、打ちやすいクラブが決まればいいのですが、このタイプに多いのがアドレスで遠くに立つ人です。

遠くに立つとクラブの軌道が横振りになってボールをうまく捉えることが出来ません。だから、上手く使えないのでアイアンを多用しています。また、このタイプはフェアウェイウッドも遠くに立っているケースが多いです。

ゴルファーはクラブが長くなると、最適なアドレス位置よりも遠くに立つことが多いです。『長い=遠くに立つ』という意識が自動的に働きます。遠くに立つということは腕が伸びたり、屈む度合いが強くなったりします。すると、インパクトで体が起きてトゥ側に当たったり、自分でボールを上げようとすくってトップしたり、もぐらたたきをしてしまいます。

ですから、ロングアイアンを構えてからその位置でユーティリティを構えて打ってみるといいです。ちょっと窮屈に感じるかもしれませんが、状態が起きることでスウィングプレーがアップライトになり、上からクラブが下りてくるのでボールを打ち込むことがでいます。

打ち方が分かれば、あとは打ちやすい重さのユーティリティを選ぶだけです。打ちやすいかどうかは、最初の2~3発で決まります。最初から当たるクラブは打ちやすいクラブと思っていいです。逆に、使いたいけど当たらないクラブは使いにくいクラブということです。どのクラブでも打てるようでしたら、悩むこともないですからね。まずは打ちやすいと感じるクラブを見つけるのがいいです。

当たらないと何発も打つ人が多いです。それは、そのクラブが合っていないか、打ち方が間違っているかです。今すぐにどうにかなるなら苦手なクラブになりませんよね。ですから、当たらなかったらクラブが合わないかもしれないし、打ち方が悪いかもしれない、また調子が悪いだけかもしれないです。こういう時はお店の人に任せるのがいいと思います。それでも、合うクラブが見つからない場合があります。その時は、やはり出直すのがいいと思います。