2009年7月20日

全英オープン最終日 トム・ワトソンがプレーオフで破れる

 ポイントは18番だね。あそこをパーで上がればトムワトソンの優秀だったのに残念。59歳には18ホール+プレーオフ4ホールはきつかったのかな。プレーオフの出だしでボギーは痛かった。その後もティーショットを曲げていたからね。4ホール目なんて右に左に曲げて見ていて痛かった。でも、最期のパットをカップに入れたときは感動したね。今回の全英オープンの主役はトムワトソンだった。それは、間違いないね。

 勝ったのはスチュワートシンク。我慢のゴルフでアンダーを守りきり、18番のバーディーでプレーオフに。プレーオフに入ってからのスチュワートシンクは吹っ切れたようにいいゴルフをしたね。うん、強かった。

 久保谷は頑張ったけど4オーバー。9番、14番は相性が悪いのか叩いてしまったね。もう少し、やれそうな感じがしたのでもったいなかったな。全英オープンは日本人でもいい成績を残せるコースなので面白いね。

 第138回全英オープンゴルフ
 The Open Championship - Official Site -

at 11:59 | Golf | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。